日刊 Second Life Fashion

2017年もセカンドライフでファッションを楽しむブログです

新しいリアルと古い資産

古い仕様

今も古い仕様のボディを使い続けている久美です、おはようございます。

f:id:GlobalFirePower:20170516033844p:plain

 

着ることが出来ない服は、作者がよほど下手でない限り殆どなかった古いボディ

 

ALPHAの使い方を間違っていると透明部分が出ちゃったりしますけど。

 

f:id:GlobalFirePower:20170516034038p:plain

このブーツはALPHA(透明化)の問題で、膝の下とブーツの上の所に少し

透明な部分が出来ていて、踊ったりすると両足が切断されているように見える。

前からだとそうでもないのですが、後ろからみると・・・。

 

f:id:GlobalFirePower:20170516040741p:plain

 

このボディは編集できないので、身長や足の長さなどを変更できません。

残念です。

 

 

 

ちなみに、ワンコが咥えている生首は、北朝鮮のお偉いさんだそうですよw

 

 

新しい仕様

 

メッシュボディは扱いづらい

ボディ作者によって、服が合う/合わないが有って買い物も気楽にできなくなった。

 

さらには、ボディ、ハンド、ヘッド別売り状態。

総額 L$1万 を超えます。日本円にして5千円くらいでしょうか。

今のところ、そんなに出費するほど高品質でもないのが買ってわかりました。

マイトレ買って後悔しています。

 

 

古いボディ用には沢山の服を持っているのですが、新しいメッシュボディには

なかなか使えそうなのがありません。流用できるという話も聞きますが。

 

 

古い身体なら、アンダーウェアなど身体に張り付くタイプで良かったけど

メッシュは簡単に言えば体の形に作られた箱なので、その上には皮膚が貼れれる

旧来のアンダーウェアなどは、来てもメッシュボディの下になってしまって無意味。

 

メッシュで出来た服の形をした箱を装着する形になる。

しかも、センスの悪いメッシュボディ作家が多いので、日本人から見ると

顔も身体も不細工な感じがする。西洋では良いのかもしれませんが

 

むっちり体型なので、その上にメッシュボディ用の服を着せてもおデブさん仕上がり。

 

f:id:GlobalFirePower:20170516034448p:plain

 

メッシュボディとメッシュドレス。

サイズが合わないとこうなります

これは、わざと胸を出しているのではなくて、腰の部分が合うように

後ろ姿で着て、前を見ると・・ドレスから胸がハミ出ているという悲しい姿。

 

 

そして、首から上下で色が合わなかったりもする。

よく見ると、首の中央辺りから上下で色が違うのがわかると思います。

 

顔も可愛くない。

 

何なのこれ?って感じで、高いメッシュボディ買ったものの使用せず放置。

お金を捨てちゃったようなものです。

 

着こなしている人も居ますが、そっくりさんも多くなってる

合う服が少ないのと人気メッシュボディやヘッドが少数だから似てしまう。

 

私の買ったもの(お蔵入り)

このメッシュボディはマイトレイヤーというところの製品

もうひとつメジャーな所でSLINKというのがあります。

上の画像のドレスは、SLINK様なので、どうやっても合わない。

 

服がボディメーカーと専用化してしまった悲しい規格

欲しい服がボディに合っていなければ、ボディを買い換えなければならない様です。

またL$1万出費ですかって感じ。

 

頭・胴体・手、それに服も高くなってるし、SLショッピングが生き甲斐だった

久美はそろそろ辞めようかなと考えていたのですが、カフェの店員になって延命中。

 

このメッシュボディの壁を乗り越えられたら、中続きしそうです

リアルですからね。

やりようによっては人間そっくりの質感や動きにも出来るようです。

その点は魅力的です。

 

日本人、東洋人で腕のいいメッシュボディ作者が登場してほしいものです。

 

 

メッシュボディ、(服によって)複数必要なら もっと現実的な価格にして欲しいな。