日刊 Second Life Fashion

2017年もセカンドライフでファッションを楽しむブログです

ブラから乳輪が

本日の反省

事故です

ブラから乳輪がはみ出てました。

 

3箇所で踊ってたりしたのですが

サービスサービス

 

マイトレ

一旦挫折しましたが気持ちを新たに

立ち直りが早いのが久美の長所です。

 

メッシュを克服しないとセカンドライフに戻ってきた意味がないと

私は思います。超リアルになるから

 

 

訳がわからないメッシュボディ、BENTOなどを克服するために

マイトレイヤーのショップへ出かけました。

 

f:id:GlobalFirePower:20170517035622p:plain

 

所持金はないに等しいため、店内のデモを片っ端から貰って帰った。

 

ボディは4.1フルセットで持っているので、主にアウトフィットの問題。

 

DEMO商品の試着を繰り返すうちに、やり方がわかりました。

常用できないものでも、見本として使うと理解の助けになる。

 

気付いたのはアウトフィットの作者によって、ALPHAマスクを上手く

使っていて身体が服からはみ出さないようにしていること。

 

そうなっていない時は、自分ではみ出している所にマスクすればいい。

メッシュボディのHUDは細かくALPHAが使えるから。

 

 

Market Place

分かったらマケプレ

手持ちのL$で買える、ヒールと夏服がほしい

検索すると割と合る。

 

何もわからない時、メッシュボディ用って事だけで、マイトレに対応していないSLINK専用のドレスとヒールのセットを買ってしまって大失敗。

 

f:id:GlobalFirePower:20170517040543p:plain

 

ドレスの方は無理矢理に近いサイズで着れないこともありませんでしたが

ヒールは足が乗っかる形になって使えませんでした。

 

購入した夏服とヒールを着用して、skinも安いのを試してみました。

 

f:id:GlobalFirePower:20170517040918p:plain

f:id:GlobalFirePower:20170517040938p:plain

f:id:GlobalFirePower:20170517040953p:plain

 

ブラから乳輪がはみ出ていました

 

マイトレに同梱されているアプライヤーHUDで、レースブラのタトゥーを

装着して、ブラの重ね着のようにして使ってみました。

 

 

このスキン、全身にファンデーションを厚塗したような?仕上がりで

不満あり、失敗の買い物リスト入りです。

マケプレじゃなくて、ショップで見本を見たほうが良いですね

作者の作画レベルがマケプレではわからない。

 

 

 

メッシュボディとスキン

私が勘違いしていたのは、もうひとつ

スキンは頭の天辺からつま先までという古い認識でした。

浦島太郎さん状態

 

メッシュボディの場合は首の中央線から下がボディスキン、

頭は後で説明します。

 

頭のスキンの色に、マイトレのHUDでボディの色いじって、近い色にして首の線が目立たなくしてゆく方法を取ります。

 

これはまだやってません。

 

 

BENTO HEAD

メッシュボディはマイトレですが、メッシュの頭(BENTO HEAD)は

CATWAの商品が良いようです。

 

Catyaが東洋人女性としても使えそう。

 

顔の形はシェイプをいじりたおすと奇跡的に日本人になるかもです。

それを保存して交換すれば顔はどんどん変わる。

 

シェイプ=形 顔の骨格、身体の体型

スキン=皮膚 皮膚の質感や色(実写ヌード写真も使える)

BENTO=関節 私がSL休止している間に関節が増えてた。リアル

 

 

現在の私の姿は、首から下はオールメッシュ

BENTOハンド(手)を装備している状態。

 

首から上は旧式の頭がついている状態。

 

 

 

 

ボディとヘッドは一体ではなく成った。

これを学びました。

 

アドバイスは ღ Yσʂhιɱι ღ  さんです。

Thank you

 

yossyisland.wordpress.com

 

 

Second Life事態は10数年の歴史がありますが、Project Bent自体は

始まってから1年ほどなので、乗り遅れ感は全く無い。

 

むしろ、ようやく環境が整ってきた状態なので、今からSecond Life

始める人には良いかもしれないと思う。

 

ღ Yσʂhιɱι ღ  さんの様に、私もアドバイスできるくらいの知識を

身につけてゆきたいと思ってます。

 

失敗の繰り返しと恥をかきながら